トップ コンサート みなとみらいシリーズ 第352回

みなとみらいシリーズ 第352回

2019年9月7日(土曜日)

開演時間
14:00
公演場所
横浜みなとみらいホール座席表
指揮者
ユージン・ツィガーン
共演者
久元祐子(ピアノ)

 チケットの購入はこちらから

主な演目

ラヴェル/ラ・ヴァルス  曲目解説

モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466  曲目解説

ショスタコーヴィチ/交響曲第10番ホ短調Op.93  曲目解説

詳細

ソリスト久元祐子さんより動画メッセージをいただきました!

【久元祐子さんによる解説とメッセージ】

モーツァルト(1756-1791):ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466

円熟期のモーツァルトにより、1785年2月10日に完成し、翌日ウィーンで初演されました。息子の演奏に接した父レオポルトの手紙によれば、モーツァルトは演奏の際、フォルテピアノの下にさらに足鍵盤を置き、バスの音を補強しながら演奏したそうです。

デモーニッシュな魅力と緻密なテクスチュアで書かれた第1楽章、ロマンツェと題された美しい第2楽章、そして激しいパッションが溢れる第3楽章からなり、多くの人々に愛されてきた名曲です。ベートーヴェン、ブラームス、クララ・シューマンなど、このドラマティックな曲に魅せられた作曲家たちが、この協奏曲のためにカデンツァを残していますが、今回は2020年に生誕250年を迎えるベートーヴェンのカデンツァを使って演奏させていただきます。

指揮のユージン・ツィガーンさんとは初めての共演です。ツィガーンさんのモーツァルト像とこの名曲へのアプローチを楽しみに演奏させていただきます。神奈川フィルハーモニー管弦楽団の皆さんとは、共演を重ねるたびに、掛け合いの場面、溶け合うパッサージュなどアンサンブルの悦びを感じています。

9月7日みなとみらいで皆様のご来場をお待ちしております。猛暑が続きますが、どうぞお身体お大切にお過ごしください。                2019年8月7日 ウィーンにて   久元祐子

 

 

 

才能と伝統 音楽の華やかなる舞踏

輝かしい才能をもって欧米の指揮者コンクール優勝を果たし、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者など輝かしいポストを射止めたアメリカの若き指揮者ユージン・ツィガーンによるプログラム。大曲ショスタコーヴィチの交響曲第10番では作曲家の秘めたる情念を、ラヴェルでは薫るようなハーモニーを、モーツァルトでは名手久元と紡ぐ激しく軽やかな音楽をお届けします。チラシPDF

料金
S席6,000円 A席4,500円 B席3,000円 
ユース(25歳以下)当日1,000円
シニア(70歳以上)各席種10%引き
助成
文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
チケット発売日
一般発売日 2019年5月22日(水) 
先行発売日 (定期会員、ブルーダルサポーターズ、フレンズ会員)2019年5月15日(水)
お問い合わせ先
神奈川フィル・チケットサービス 045-226-5107(平日10:00-18:00)

 チケットの購入はこちらから

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。「シニア=70歳以上」

前へ コンサート一覧へ戻る 次へ