2019年2月1日付けでヴァイオリン奏者として松下蕗子(まつした ふきこ)が入団いたしました。

松下蕗子(まつした ふきこ)
東京藝術大学卒業。在学中よりパリ国立高等音楽院に留学、修士課程を首席卒業。その後同音楽院室内楽科を卒業。パリ在学中にフランス国家演奏家資格、パリ管弦楽団アカデミーのディプロムを取得。Orchestre des Lauréats du Conservatoire の2ndヴァイオリン首席奏者を二年間務める。これまでに山内祐子、奥村智洋、千葉純子、故・若林暢、原田幸一郎、漆原朝子、ミカエル・エンツの各氏に師事。

 

2019年2月1日付けでヴァイオリン奏者として濱田彰子(はまだ しょうこ)が入団いたしました。

濱田彰子(はまだ しょうこ)
神奈川県出身。田園調布雙葉学園を経て、洗足学園音楽大学、同大学院を首席で卒業。プロジェクトQ第8、9章参加。第14回長江杯国際音楽コンクール第1位。13年から16年まで静岡県立沼津西高等学校芸術科非常勤講師。これまでにヴァイオリンを河合訓子、塚原るり子、三浦章宏、沼田園子の各氏に師事。室内楽を岡田伸夫、安永徹、市野あゆみの各氏に師事。2019年2月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団ヴァイオリン奏者。

 

2019年2月1日付けでコントラバス奏者として林 みどり(はやし みどり)が入団いたしました。

林 みどり(はやし みどり)
京都市立芸術大学卒業。Carl Flesch Akademie in Baden-Badenにてディプロマ取得。2013年、2015年に小澤征爾音楽塾に参加。桐朋オーケストラ・アカデミー修了。ラ・フォル・ジュルネ、セイジ・オザワ松本フェスティバルに出演。2015年よりThe Orchestra Japanメンバーとして、ディズニー・オン・クラシック等の全国ツアーを回る。これまでに村上満志、吉田秀の各氏に師事。

 

2019年2月1日付けでトランペット奏者として小畑杏樹(おばた あんじゅ)が入団いたしました。

小畑杏樹(おばた あんじゅ)
京都府出身。大阪音楽大学音楽学科音楽部卒業。これまでにトランペットを、吉田治人、稲垣路子の各氏に師事。室内楽を池田重一に師事。ティモシー・モリソンの公開レッスンを受講。神奈川フィルハーモニー管弦楽団トランペット奏者。

 

2019年2月1日付けで打楽器首席奏者[ティンパニ]として篠崎史門(しのざき しもん)が入団いたしました。

篠崎史門(しのざき しもん)
学習院高等科、上野学園大学音楽部卒業。桐朋学園大学音楽学部研究科修了。東京芸術劇場 芸劇ウインド・オーケストラアカデミー1期生。2016年より2018年3月まで、横浜市神奈川区民文化センターかなっくホールのレジデンスアーティストを務める。NHK大河ドラマ「八重の桜」出演や、北九州国際音楽祭出演をはじめ各地の音楽祭等に出演。