神奈川フィルハーモニー管弦楽団主催「オーケストラキャラバン ~オーケストラと心の響くひとときを~家族で楽しむ神奈川フィル夏休みコンサート」に出演を予定していましたバリトン歌手川田直輝氏は、7月16日に逝去されました。フレッシュコンサート、海老名市市政施行40周年記念式典、海老名市文化会館に於ける巡回主催公演で共演するなど、弊団は数多くの共演を重ね、また川田氏は、海老名市民オペラ代表として活動を牽引するなど、神奈川の芸術文化に多大な貢献もされて来ました。今回公演の共演を楽しみにしていた中での突然の訃報は、誠に残念でなりません。謹んで哀悼の意を深く表します。

8/9(甲府)8/24(静岡)は川田直輝氏に替わり、バリトン歌手大川博氏を迎え実施いたします。曲目やその他に変更はなく、出演者の変更に伴うチケットの払い戻しはございません。何卒事情をご賢察いただき、ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

大川博(バリトン)

国立音楽大学卒業、同大学院修了。二期会オペラ研修所修了、修了時に優秀賞を受賞。さわかみオペラ芸術振興財団の助成にて渡伊。文化庁新進芸術家海外研修制度研修生として再び渡伊して研鑽を積む。

2017年トリエステ・ヴェルディ歌劇場『エフゲニー・オネーギン』中隊長でイタリア・デビュー。東京二期会オペラ劇場では、2018 年 『ジャンニ・スキッキ』ベット、2019 年 《サロメ》兵士役、2019 年 『蝶々夫人』ヤマドリ、2019 年 『天国と地獄』ジュピター、神奈川県民ホール・オペラ・シリーズ 2020『トゥーランドット』ピンに出演。「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」「レクイエム」「第九」等のソリストを務める。二期会会員。