税制上の優遇措置について

神奈川フィルハーモニー管弦楽団は、公益財団法人(特定公益増進法人)として神奈川県より認定を受けておりますので、ご寄付は税制上の優遇措置を受けることができます。

個人が寄付した場合

控除額の計算例





※申告者の所得や寄付額により「所得控除方式」が有利な場合もありますので、詳しくは最寄りの税務署にご相談ください。

所得税の控除

「税額控除」と「所得控除」のどちらかの計算方法をお選びいただけます。
※「税額控除」は2014年4月24日以降にいただいたご寄付が対象となります。
税額控除方式  (年間寄付金額-2,000円)×40%=所得税額から控除

所得控除方式  (年間寄付金額-2,000円)=課税所得金額から控除

※寄付金として計上できる額は所得金額の40%相当額が限度です。
※「税額控除方式」では所得税額の25%相当額が限度です。
確定申告の際に計算する所得税とは?
課税所得金額(収入金額-所得控除額)×所得税率=所得税額

個人住民税(県民税・市町村民税)の控除

お住まいの自治体が条例で神奈川フィルへの寄付金を寄付金控除の対象に指定している場合、個人住民税が下記の計算式で控除されます。

神奈川フィルへの寄付金が、個人住民税の寄付金控除の対象として確認している都道府県・市区町村は次のとおりです。
神奈川県、横浜市、愛川町、厚木市、海老名市、大磯町、大井町、小田原市
開成町、鎌倉市、清川村、相模原市、寒川町、逗子市、茅ヶ崎市、中井町、二宮町
箱根町、秦野市、葉山町、平塚市、藤沢市、松田町、真鶴町、三浦市、南足柄市、山北町、湯河原町
(2014年10月末時点)
※なお、条例等の改正により変更となる場合がございますので、最新の指定状況は、各自治体にお問い合わせください。
県民税  (年間寄付金額-2,000円)×4%=税額から控除

市民税  (年間寄付金額-2,000円)×6%=税額から控除

※控除額は、年間所得の30%までが上限となります。

控除を受けるには

控除を受けるには確定申告を行うことが必要です。「領収書」と「税額控除に係る証明書」を添付して税務署に申告してください。個人住民税の寄付金控除、所得税の確定申告の際に合わせて申告できます。
なお、勤務先などで実施される年末調整では、寄付金控除を受けることができませんのでご注意ください。

確定申告時に必要な書類
・神奈川フィルの発行した寄付金の領収書
・特定公益増進法人であることの証明書(税額控除に係る証明書の写し)   ダウンロードはこちら (PDFファイル)
・確定申告書(税務署で入手いただくか、国税庁のインターネットサイトから作成できます)
・(お勤めの場合)源泉徴収票

法人が寄付した場合

法人税の計算において、「一般寄付金」としての損金算入枠に加え、「特定公益増進法人に対する寄付金」として一定の限度額内での損金算入が認められます。
なお、「特定公益増進法人」としては2014年4月24日以降にいただいた寄付金が対象となります。
一般寄付金
(資本金等の金額 × 0.25%+所得金額×2.5%)÷4


特定公益増進法人に対する寄付金
(資本金等の金額 × 0.375%+所得金額×6.25%)÷2


※「資本金等」=資本金と資本積立金の合計額
※寄付金の合計額と寄付金の損金算入限度額のいずれか少ない金額が損金に算入されます。
必要な書類
・神奈川フィルが発行した寄付金の領収書
・特定公益増進法人であることの証明書   ダウンロードはこちら (PDFファイル)

「神奈フィル・ブルーダル・サポーターズ」へのご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。
詳しくはこちらのページをご覧ください。