サッシャ・ゲッツェル首席客演指揮者退任のお知らせ

掲載日:2016年09月06日

サッシャ・ゲッツェル 首席客演指揮者退任のお知らせ

2013年より、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者を務めてまいりました、オーストリア・ウィーン出身の指揮者サッシャ・ゲッツェルが、4年の任期を終え、2017年3月いっぱいで首席客演指揮者を退任することになりました。

ゲッツェルは、本場ウィーンをはじめとする意欲的な取り組みで大きな話題を集め、神奈川フィルの演奏力をこの4年で一機に引き上げました。

                                                                  
 
   2016年9月17日に行われた定期演奏会みなとみらいシリーズでのプレトーク内容についてはこちら