指揮者

川瀬賢太郎(常任指揮者) 小泉和裕(特別客演指揮者) サッシャ・ゲッツェル(首席客演指揮者)
川瀬賢太郎
(常任指揮者)
小泉和裕
(特別客演指揮者)
サッシャ・ゲッツェル
(首席客演指揮者)
現田茂夫(名誉指揮者) 團伊玖磨(桂冠芸術顧問) 山田一雄(桂冠指揮者)
現田茂夫
(名誉指揮者)
團伊玖磨
(桂冠芸術顧問)
山田一雄
(桂冠指揮者)
阿部未来(副指揮者)    
阿部未来
(副指揮者)
   

川瀬賢太郎(常任指揮者)

1984年東京生まれ。
2007年東京音楽大学卒業。これまでに、広上淳一、汐澤安彦、チョン・ミョンフン、アーリル・レンメライトの各氏に師事。
2006年東京国際音楽コンクール<指揮>において1位なしの2位(最高位)に入賞。以来、各地の主要オーケストラから次々に招きを受ける。
海外においても2008年、2011年にイル・ド・フランス国立管と共演。2012年、ユナイテッド・インストゥルメンツ・オヴ・ルシリンと細川俊夫作曲モノドラマ「大鴉」オランダ初演の大役を果たす。2015年2月には、細川俊夫作曲オペラ「リアの物語」新演出を広島にて指揮、喝采を浴びる。
現在、名古屋フィルハーモニー交響楽団指揮者、神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者、八王子ユース弦楽アンサンブル音楽監督、三重県いなべ市親善大使。2015年「渡邉暁雄音楽基金」音楽賞、第64回神奈川文化賞未来賞、2016年第14回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第26回「出光音楽賞」を受賞。

小泉和裕(特別客演指揮者)

京都生まれ。1969年東京芸術大学指揮科に入学、山田一雄氏に師事。1970年第2回民音指揮者コンクール第1位受賞。
1972年7月、新日本フィル創立に際し、指揮者として参加。同年ベルリンのホッホシューレに入学し、ラーベンシュタイン教授にオペラ指揮法を師事。1973年夏、ボストンのタングルウッド音楽祭に参加し研鑽を積む。
1973年、第3回カラヤン国際指揮者コンクールに第1位入賞。その後ベルリン・フィルを指揮してベルリン・デビューを飾った。
1975年~1979年、新日本フィル音楽監督を務める傍ら、1975年ベルリン・フィル定期演奏会に登場、1976年フランス国立放送管を指揮しルービンシュタイン、ロストロポーヴィチとも協演、同年ザルツブルク音楽祭でウィーン・フィルを指揮、その後もミュンヘン・フィル、バイエルン放送響等、ヨーロッパ各地において精力的な指揮活動を行った。また、アメリカにおいても、1978年ラヴィニア音楽祭でシカゴ交響楽団を指揮し大成功を収めた後、1980年シカゴ響定期公演に登場し注目を集めた。その他、ボストン響、デトロイト響、シンシナティ響、トロント響、モントリオール響などにも客演。
1983年~1989年カナダのウィニペグ響の音楽監督、1986年~1989年都響指揮者、1989年~1996年九響首席指揮者、1992年~1995年大阪センチュリー響首席客演指揮者、1995年~1998年都響首席指揮者、1998年~2008年都響首席客演指揮者、2003年~2008年大阪センチュリー響首席指揮者、2008年~2013年都響レジデント・コンダクターおよび日本センチュリー交響楽団(旧・大阪センチュリー響)音楽監督等を歴任。
現在、東京都交響楽団終身名誉指揮者、九州交響楽団音楽監督、仙台フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者、神奈川フィルハーモニー管弦楽団特別客演指揮者。16年4月より名古屋フィルハーモニー交響楽団音楽監督。

サッシャ・ゲッツェル(首席客演指揮者)

ウィーン生まれ。
ウィーン・フィルのヴァイオリン奏者として活躍後、指揮者へ転身。
ズービン・メータ、リッカルド・ムーティ、小澤征爾らに師事。
ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団、ベルリン交響楽団、モスクワ交響楽団、NHK交響楽団、バーミンガム市交響楽団、北ドイツ放送交響楽団他、客演多数。特に出身地ウィーンの音楽は評価が高い。
またウィーン国立歌劇場、ウィーン・フォルクス・オーパーにおいても指揮を行っている。
また、P.ドミンゴ、J.カレーラス、M.ロストロポーヴィチ、A.ネトレプコ、J.クーラ、T.ハンプソン他、世界的ソリストとの共演も多数。
音楽監督・首席指揮者を務めるボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー管弦楽団と録音、ONYXレーベルよりリリースされたCD(レスピーギ:「シバの女王ベルキス」ほか)が絶賛を博している。
日本への初来日は2007年、「ワレリー・ゲルギエフ推薦の若い音楽家と九州交響楽団の饗宴」にて実現。その後2009年に再来日。神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団との共演が好評を博した。
2012年5月にはウィーン・フォルクスオーパー日本公演で来日。
2013年シーズンより神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者。

現田茂夫(名誉指揮者)

東京音楽大学指揮科で汐澤安彦、三石精一両氏に師事。
その後東京芸術大学で佐藤功太郎、遠藤雅古両氏に師事。
85年安宅賞受賞。
86年、二期会オペラ「ヘンゼルとグレーテル」でオペラ・デビュー。二期会オペラで活躍する一方、オーケストラ・コンサートでも実績を積む。
87年、新星日本交響楽団指揮者に就任。
88年、来日中のドレスデン・フィルに客演したのをはじめとして国内外を問わず主要オーケストラを指揮し、好評を得た。
90年、新星日響とヨーロッパ演奏旅行。同年、ウィーン国立歌劇場に国費留学。
91年スロヴァキア・フィルに客演。
92年、プラハ国立歌劇場日本公演の指揮者として客演。同年、プラハ交響楽団の定期公演に初登場し、翌年、“プラハの春”での“佐藤しのぶリサイタル”は、センセーショナルにヨーロッパで放送された。
チェコを始めとして、イタリア、ドイツ等での客演も多い。
96年より13年間神奈川フィルハーモニー管弦楽団を指導し飛躍的に躍進させ、その功績も称えられ2009年4月より名誉指揮者の称号を得る。
他の主要オーケストとも数多く共演し好評を得ている。
また、世界的チェリスト故ムスティスラフ・ロストロポーヴィチと03年04年に皇后陛下の古希祝賀コンサートで共演し好評を博した。
関西二期会や東京二期会、錦織健プロデュースオペラの音楽監督も努め、海外での劇場で指揮も行っている。
また、アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア/トレント)の審査員として毎回招待されている。
2000年4月から3年間、NHKの「FMシンフォニー・コンサート」のパーソナリティを務めるなど、バラエティにとんだ活動を行なっている。

團伊玖磨(桂冠芸術顧問)

1924年東京生まれ。
1945年東京音楽学校(現東京芸術大学)作曲家卒業。
以後、作曲ならびに自作の演奏に従事。
日本を代表する作曲家として知られ、その作品はオペラ、交響曲、管弦楽曲、合唱曲、歌曲、室内楽曲、劇音楽、映画音楽、童話など多彩を極める。
海外公演も含め上演回数が650回を超えるオペラ「夕鶴」、新国立劇場こけら落し公演のオペラ「建・TAKERU」、広島に捧げられた交響曲6番「HIROSHIMA」、中国をはじめ世界各地への愛着と研究によって生まれた「シルクロード」や「万里長城」などの管弦楽作品等、数多くの名作がある。
指揮者としての活躍のほか、類希なエッセイストとしても知られ、アサヒグラフの「パイプのけむり」の連載は36年間続いた。
50年以上にわたり神奈川県に在住し、県下の文化活動にも長く貢献している。
「交響曲第4番」は、神奈川県をイメージして書かれ、他に「合唱と管弦楽のための組曲〈横須賀〉」等神奈川ゆかりの作品も多い。
1996年より神奈川フィルハーモニー管弦楽団芸術顧問に就任。
2001年5月17日、本人が愛した中国・蘇州において帰らぬ人となる。
(急逝にともない同楽団桂冠芸術顧問の称号を献呈)

山田一雄(桂冠指揮者)

1912年東京に生れる。
学習院を経て東京音楽学校(現東京芸術大学)に入学。
37年に自作の管弦楽曲で「日本放送協会賞」第一位を受賞。その他作曲の分野で数多くの賞を受賞する。
40年に新交響楽団(現NHK交響楽団)の常任指揮者に就任し、ストラビンスキーの「春の祭典」、マーラーの交響曲第8番などの日本初演、邦人作品の初演などを数多く行い、我が国の音楽界の発展に大いに貢献した。
これまでに紫綬褒賞、芸術院賞、神奈川文化賞などを受賞。
神奈川フィルハーモニー管弦楽団の初代音楽監督に就任。
91年急逝にともない桂冠指揮者の称号を献呈。

阿部未来(副指揮者)

1985 年秋田県生まれ。
2007 年東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻(ピアノ)卒業。
2009 年東京音楽大学大学院科目等履修生作曲・指揮専攻(指揮)修了。これまでにピアノを、前田英樹、杉山とみえ、ロナルド・カヴァイェの各氏に師事。
また声楽を築地利三郎、小島聖史の各氏に、指揮を広上淳一、船橋洋介、三河正典、時任康文の各氏に師事する。2010 年、“アフィニス夏の音楽祭2010 山形”に指揮研究員として参加、飯森範親氏の薫陶をうける。
その後2011 年、国際ロータリー財団国際親善奨学生としてドイツ国立ドレスデン”カール・マリア・フォン・ウェーバー”音楽大学指揮科修士課程に留学。
指揮をE.クレム、S.ライスナーの各氏に師事。また、オペラコレペティションおよびオペラ指揮法をF.ブロッホハーゲン、V.ボリッツの各氏に師事。また、C.クルティッヒ氏の薫陶を受ける。2012 年11 月ランデスビューネ・ザクセンにて、コレペティトゥア及び指揮者として研修。2013 年11 月ゾルビッシュナショナルアンサンブル・バウツェン、子供の為のオペラプロジェクト、E.フンパーティンク「ヘンゼルとグレーテル」にて、コレペティトゥアとしてゲスト契約。その後プレミエ公演及び追加公演を指揮しオペラデビュー。また、ドレスデン・レジデンツ・オーケストラにてピアノ奏者を務める。
在学中、中部ドイツ音楽大学プロジェクトにてMDR 交響楽団を指揮したのを始め、これまでにランデスビューネ・ザクセン管弦楽団、テプリッツ・北ボヘミア・フィルハーモニー管弦楽団、ザクセン・エルブラントフィルハーモニー管弦楽団、ゲルリッツ劇場管弦楽団、プラウエン・ツヴィッカウ劇場管弦楽団、アウエ・エルツゲビルゲ交響楽団、ドレスデン“カール・マリア・フォン・ウェーバー”音楽大学オーケストラを指揮。

歴代指揮者

大木孝雄 1970年 指揮者(第1回定期演奏会指揮)
前田幸市郎 1971年~1972年初代指揮者
黒岩英臣 1985年~1990年常任指揮者
佐藤功太郎 1990年~1994年首席指揮者
山田一雄 1991年 音楽監督
外山雄三 1992年~1996年音楽監督
手塚幸紀 1996年~2000年常任指揮者
團伊玖磨 1996年~2001年芸術顧問
現田茂夫 2001年~2009年常任指揮者
ハンス=マルティン・シュナイト2002年~2006年首席指揮者
  2007年~2009年音楽監督
現田茂夫 2009年~ 名誉指揮者
金聖響 2009年~2013年常任指揮者
サッシャ・ゲッツェル 2013年~ 首席客演指揮者
川瀬賢太郎 2014年~ 常任指揮者
小泉和裕 2014年~ 特別客演指揮者