ブルーダル基金

ブルーダル基金にご協力を頂いた皆様へ 御礼とご報告

 皆様からの絶大なるご支援とご協力によりまして、2014年4月1日、神奈川フィルハーモニー管弦楽団は公益財団法人として新たなスタートを切ることができました。
 皆様には、ブルーダル基金を通じて多大なるご支援を頂きましたことを、心より御礼申し上げます。神奈川県、横浜市をはじめとした県内の市町村、企業・法人、個人の皆様からのご寄付は464,903,593円(3月31日現在)にも上りました。

 基金活動を開始した2011年2月当時、楽団の状況は全く見通しのきかない厳しいものでしたが、それから約3年間を経て、こうしてオーケストラ存続が決まったことに、楽団員一同、喜びを噛みしめると共に、皆様からの大きな期待感に、身の引き締まる思いでおります。

 ブルーダル基金活動の期間中には、各市町村のご協力により県内各処で約50回ものコンサート開催の機会を頂きまして、多くの皆様に生の演奏をお届けすることができました。皆様からあたたかい励ましのお言葉をいただき、深く感謝いたします。

 新年度より常任指揮者となる川瀬賢太郎による新体制のもとで、これまで応援していただいた皆様への感謝の気持ちを演奏に込めて、皆様の生活を音楽で豊かにできるよう、より一層、充実した活動を目指して取り組みを進めてまいります。

公益財団法人の維持には、皆様のお力が必要です

 今回、公益財団法人への移行がかなった神奈川フィルですが、公益財団法人の維持運営は、これまで以上に厳しい環境となります。公益財団法人は営利団体ではないため、毎年の事業活動に必要な費用、法人の維持に必要な費用の合計7億円以上を、その年度の演奏による収入、助成金、そして皆様からのご寄付で賄わなくてはなりません。楽団の活動が安定し、より一層充実した音楽をお届けするためには、皆様からの継続的なご支援が必要不可欠なのです。

 そこでこのたび、神奈川フィルを継続支援いただくための寄付制度「神奈フィル・ブルーダル・サポーターズ」を設立いたしました。年間で個人は5千円から、法人は10万円からのご寄付により入会が可能です。サポーターズへの入会を通じて、神奈川フィルをもっともっと魅力的なオーケストラにするためのお力添えを頂けましたら幸いです。
 なお、公益財団法人へのご寄付については、税額上の優遇措置を受けることができます。
 お申込方法等の詳細は、こちらのページをご覧ください。

 これからも神奈川フィルへの応援をよろしくお願い申し上げます。

公益財団法人 神奈川フィルハーモニー管弦楽団